【満員御礼】みんなで二重跳びマスターになろう!オンライン縄跳び教室二次募集|7/24(土)無料開催

​オンラインの縄跳び教室の定員100名が満員を迎えまして、Youtube Live配信限定で二次募集のお申し込み受け付けを開始いたしました。

オンライン縄跳び教室はお陰様で100名の定員が満員を迎えることが出来ました。​​ご応募いただきました皆様、誠にありがとうございます。

定員を迎えた後もたくさんの方よりお問い合わせをいただきまして、この度Youtube Live配信限定で二次募集のお申し込み受付を開始しました。

体育の授業でみんなで取り組んだ縄跳び。何百人のプロアスリートを支援してきた講師が、縄跳びの中でもつまづきやすい二重跳びのコツを伝授します。

現在はコロナウイルスの影響で自由に外に出づらいため、7/24(土)に無料でオンライン開催致します。是非ご参加ください。

お申込みはコチラ(無料)

【開催日時】7月24日(土)10時~20時@オンライン

オンライン教室、実際の画面キャプチャ

  • 日時  :7月24日(土)10時~20時
  • 視聴方法:ZOOM、YoutubeLive。
  • 内容  :縄跳びに大切な足と手の違った動作のコツのレクチャーの実施
  • 備考  :ライブ放送は10-11時です。以降は当日限定公開の動画放送です。

参加対象者は伸び盛りの小学生だけ

今回の無料イベントは小学生のお子さんが対象です。

こんな子におすすめ

  • 縄跳びが苦手な子
  • 二重跳びができない子
  • 運動が苦手、嫌いな子
  • 縄跳びが怖いと感じている子

お申込みはコチラ(無料)

怖いことがなくなるだけで運動がもっと好きになる

小学生の頃は体育の時間で縄跳びができないだけでも子どもはショックを受けてしまうもの。

小さい時からの成功体験の積み重ねが自信の源になってくので、苦手なことが少なくなるだけで運動がもっと好きになるはずです。

「身体の動かし方のコツ」を身に付けると別スポーツにも好影響!

運動する子供たち

身体の動かし方のコツを身に着けると別競技でもパフォーマンスが上がります。

縄跳びの足と手で違った動作を行う体の使い方は様々なスポーツにも応用することが出来るため、他のスポーツでのパフォーマンス向上に繋がります。

当日内容は?

1)跳ぶテンポをつかむ!視覚聴覚との協調トレーニング

  • 日常生活にはない早いテンポの動きを聴覚や視覚の感覚機能を動きに活かす能力を養う
  • 縄の動きに合わせて跳べる視覚と動きの協調・リズムを学習する
  • 集中力もアップするメトロノーム練習法!
  • 相手の動きに合わせてリズムをつかむ!真似っこゲーム!

2)縄跳びは準備の姿勢がポイント!

  • 正しい姿勢を保つ方法
  • つま先揃えてジャンプする練習
  • 片足跳びの練習
  • 足の動きを学ぶ楽しいラインドリル

3)絶対に跳べる上手に縄を回すコツ!

  • 短縄の正しい持ち方
  • 回し方の練習方法

4)いろいろな跳び方をマスターするための能力!運動企画力を伸ばそう!

  • イメージ跳び
  • 両手両足と感覚を協調するトレーニング
  • 楽しい縄跳び練習法

 

教えるのはプロアスリートの指導もする国際的トレーナー!

世界最先端の運動研究者 小山啓太

小山先生
エンポリア州立大学大学院スポーツ医学課程修了、セントラルミシガン大学大学院運動科学専攻課程修了。米国公認アスレティック・トレーナー(BOC-ATC)。現在、群馬大学大学院医学系研究科にてスポーツ障害予防、ボール運動と子どもの発達発育をテーマに研究を行っている。2018世界教育会議(ケンブリッジ大学)最優秀研究発表賞受賞。一般社団法人運動発達支援研究センター代表理事。主な著書として、『現代社会のスポーツ総合学Ⅰ』(成文堂、2012年)、『0歳からのボール遊び運動』(ベースボールマガジン社、2018年)他。

主な受賞・指導実績例

gr-koyamahistory

お申込みはコチラ(無料)

 

子供オンライン教室専用のInstagramアカウントを開設しました!

© 2021 Vells-ヴェルス