Today's Yoga

ハヌマーナーサナ

下半身の柔軟性を上げる!ハヌマーナーサナ(猿王のポーズ)

ハヌマーナーサナ(猿王のポーズ) 開脚をすることで下半身の柔軟性を上げていくアーサナ。 足の付け根の周りには老廃物を流すリンパがたくさん詰まっています。そこの流れをよくすることで下半身の不調を改善して ...

扇のポーズ

柔軟性を求めている方に!扇のポーズ(パリブルッタジャーヌシールシャーサナ)

2021/6/29    ,

扇のポーズ(パリブルッタジャーヌシールシャーサナ) 体側を伸ばすことで肋骨周りの筋肉を緩ませ、呼吸機能が高まり肺を活性化させます。 体全体の可動域を広げ、柔軟にしてくれるアーサナです。 手順 左足を横 ...

半分の鳩のポーズ(スリーピングスワン)

股関節の柔軟性アップにはコレ!半分の鳩のポーズ(スリーピングスワン)

半分の鳩のポーズ(スリーピングスワン) 股関節の柔軟性アップ、下半身にアプローチするため下半身の血行促進、潜在的なストレスを和らげてくれる効果などがあります。 手順 四つん這いから片膝を手と手の間に。 ...

足を組んだ魚のポーズ

首・肩のコリを改善!足を組んだ魚のポーズ

2021/6/22  

足を組んだ魚のポーズ 喉と胸のあたりのチャクラを開いて呼吸の通りを良くしていきます。 蓮華座を組む事で、より胸の開きを大きく感じられますので、内巻き気味の肩の改善にも効果的です。背中の強張りの緩和、首 ...

シールシャアーサナ

背骨・腹部・腕・脚の筋力強化に!シールシャアーサナ(三点倒立/ヘッドスタンド)

シールシャアーサナ(ヘッドスタンド) 180度逆転し頭立ちをするので綺麗に姿勢を保つには、それなりの全身の筋力やバランス感覚が必要となります。 揺らがない精神、肉体面の両方において準備が必要なので、少 ...

インフィード広告

頭を膝につけるポーズ(座位の前屈)

腰痛緩和に!頭を膝につけるポーズ(座位の前屈)

頭を膝につけるポーズ(座位の前屈) ジャーヌシールシャアーサナとも呼ばれています。 主に腿裏からひざうら、脹脛など下半身の後ろ側を伸ばしていくことで腰回りの血行を良くし、腰痛を和らげたり股関節の柔軟性 ...

シューレース(靴紐のポーズ)

股関節の可動域を広げたい!シューレース(靴紐のポーズ)

シューレース(靴紐のポーズ) 陰ヨガで使われるシューレース、靴紐のポーズ。 足をクロスしたところに上半身の重圧をかけることで下半身全体の血行を良くし、臀部を緩めたり股関節の可動域を広げたりします。膀胱 ...

片足を上にあげた犬のポーズ(片足のダウンドッグ)

体幹強化にはコレ!片足を上にあげた犬のポーズ(片足のダウンドッグ)

片足を上にあげた犬のポーズ(片足のダウンドッグ) 通常のダウンドッグから片足を上に持ち上げてキープしていくアーサナですが、重力に逆らう力と体幹を使ってキープするポーズです。そこを意識できるようになると ...

アルダチャンドラアーサナ(半月のポーズ)

集中力の向上に!アルダチャンドラアーサナ(半月のポーズ)

アルダチャンドラアーサナ(半月のポーズ) 半月のポーズは、バランス感覚と集中力が必要になるアーサナです。特に大切なのは軸足の安定感。ポイントを抑えるとスムーズにポーズをとれるようになりますので、是非ト ...

パリブルッタパールシュヴァコーナアーサナ

下半身と背筋を同時に強化!パリブルッタパールシュヴァコーナアーサナ

パリブルッタパールシュヴァコーナアーサナ ねじった横に伸ばすポーズと呼ばれることもあります。下半身の強化と背筋の強化を同時に行なっていくアーサナです。下半身の土台が特に大切になるアーサナなので、一つ一 ...

© 2021 Vells-ヴェルス