脚の疲れや浮腫みを解消!ローランジ(手を後ろで組んだトカゲのポーズ)

ローランジ(手を後ろで組んだトカゲのポーズ)

ローランジ(手を後ろで組んだトカゲのポーズ)

骨盤の歪みを治していくランジのポーズに、腕を背中の後ろで組む動作を加えていきます。そうすることで全身のエネルギーの巡りを良くしていきます。

下半身を使うことで、脚の疲れや浮腫みを解消する効果があるといわれています。

注意ポイント

膝を使うポーズになるので、膝下にタオルを敷くなりマットを折り畳むなりしながら膝をカバーして行うようにしましょう。

手順

  1. 膝立ちになり、右膝の下にタオルを敷きます。
  2. 左足を一歩前に出して膝を踏み込み、膝の真下に踵が来るようにしましょう。
  3. 前足は腿の外旋、後ろ足は腿の内旋を意識します。
  4. 足先を軽く外側に向けて、後ろの足は足の甲を床に寝かせて準備しましょう。
  5. 両手を背中の後ろで組み、数息で肩甲骨を後ろで寄せます。息を吐きながら上半身は膝の内側に下ろしていくように倒していきます。
  6. 首の後ろの力を抜き、肩甲骨を寄せ合う意識を持ったまま組んでいる腕が天井に引っ張られていく感覚でホールドします。
  7. 3〜5呼吸くらいホールドできたら、手を解放し床についてから状態を起こし足を後ろに戻しましょう。

ポイント

  • 身体を前に倒している分重心が前に行き頭の方にばかり意識が向きがちですが、しっかりと腕や後ろ足の方にまでバランス良く意識を向けてキープしましょう。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-, ,

© 2021 Vells-ヴェルス