初心者にもおすすめのハイキングシューズ8選|メンズ・レディース

ハイキング シューズ

「ハイキングを始めたいけど、どんなシューズを選べばいい?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

軽量で柔らかいソールが特徴のハイキングシューズはデザインがおしゃれなモデルも多いので、ハイキングだけでなく普段履きとしても幅広く活躍するアイテムを選ぶのがおすすめ。

そこで今回は機能性だけでなくおしゃれなハイキングシューズを厳選して8つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイキング用シューズはなぜ必要なのか?

KEEN

引用元:KEEN

ハイキングシューズは整備されている登山道や渓流沿いを歩く際に足元が滑らずに安定して歩けるように作られたシューズです。

スニーカーの場合は防水性がなかったり滑りやすい場合があるので、ハイキング中にケガをしてしまう恐れがあります。また、靴底が柔らかいため長く歩く登山には適していません。

一方で本格的な長時間の登山用として使用される「トレッキングシューズ」は靴底が硬く歩き方にコツがいるので、初心者は登山で使う前に歩く練習が必要です。

その点、軽量で履き心地のよいハイキングシューズは日帰りハイキングや登山道が整備されている登山に適しているので、これからハイキングや登山を始める入門用の靴としてもピッタリです。

ハイキングシューズは2種類ある!!

ローカット

KEEN

引用元:KEEN

ローカットのハイキングシューズはスニーカーと同じような履き心地で軽量なのが特徴です。スッキリとした形なので普段履きするときも合わせる服を選ばず使いやすいのがメリットです。

メリット

  • グリップ力(登山道の凸凹をとらえる力)が高い
  • 足首が自由に動くので歩きやすい
  • 普段履きでも合わせやすく、幅広いシーンで使える

デメリット

  • シューズの隙間から砂や石が靴の中に入りやすい
  • 足首が固定されていないので足をひねりやすい
  • ゴツゴツとした登山道は歩きにくい

ミドルカット

KEEN

引用元:KEEN

ミドルカットのハイキングシューズははくるぶしが隠れる程度の長さがあるので、足首が動かないようにしっかり固定されます。全体的には柔らかいので、ハイキング初心者でも履きやすいのが大きな特徴です。普段履きで使用すると足元にボリュームが出ておしゃれになります。

メリット

  • 足首までしっかりと固定されるので捻挫しにくい
  • ローカットのハイキングシューズでは歩きにくいデコボコした岩場も歩きやすい

デメリット

  • ローカットのハイキングシューズに比べて重い
  • 舗装された平坦な道や街中では歩きにくいことがある

 

ハイキングで最適なシューズを選ぶ3つのポイント

ポイント

point1:自身に適切なサイズ

最適なハイキングシューズを選ぶポイントとして重要なのが適切なサイズを選ぶことです。サイズは同じでもブランドによって形状や硬さが異なりますので、必ず実際にサイズ感や履き心地などをお店で試して自分にあう靴を選ぶことが大切です。

山道を下る時にブーツの前部につま先が当たると負担がかかってしまうので、ハイキングシューズにはつま先が動かせる空間が必要です。

また、実際にハイキングシューズを履いているときは歩き回って足がむくんでいるので、試し履きはできれば夕方の時間に少し足がむくんだ状態で行うのがベストです。そして、普段ハイキングで履いているソックスも忘れずに持って行ってください。二つのサイズで迷う場合はむくむことを想定して大きい方のサイズを選ぶのがおすすめです。

point2:滑りにくい靴底

ハイキングシューズを選ぶときは靴底の形状を確認し、滑り止め機能がしっかり施されているか確認することが大切です。つま先やかかとだけデコボコが多いモデルより、靴底全体に滑り止めがついている方がハイキングに適しています。

point3:防水加工

山では突然天候が変わることがよくあります。急な雨や水たまりの中、泥の中にも対応できるよう、防水加工がされていて蒸れにくいハイキングシューズを選びましょう。防水加工が施されたハイキングシューズなら山道はもちろん、雨の日の普段履きでも安心です。

また、購入後に防水スプレーをかけるとさらに防水機能が長持ちし、汚れもつきにくくなるのでおすすめです。

メンズにおすすめハイキングシューズ4選!

MERRELL(メレル)|MOAB 2 MID GORE-TEX® WIDE WIDTH

メレル

引用元:MERRELL

  • サイズ展開:25cm~30cm
  • 価格:18,480円

公式サイト

Amazon

MERRELL(メレル)MOAB 2 MID GORE-TEX® WIDE WIDTHの特徴

ミッドカットのMERRELL(メレル)のMOAB 2 MID GORE-TEX® WIDE WIDTHは甲部分にゆとりがあるので、足幅が広い人におすすめです。完全防水や透湿性、耐久性や高いグリップ力でさまざまなシーンや地面のコンディションに対応。また、ハイキングだけでなく普段履きとしても幅広いシーンでおしゃれに履きこなせるアイテムです。

MERRELL(メレル)MOAB 2 MID GORE-TEX® WIDE WIDTHのコーデ・口コミ

普段履きにと購入しました。モアブは、前作のものも使用しているのでだいたい同じような履き心地と思っていましたが、こちらの方がだいぶゆったり目な作りになっているように思います。私自身、横の幅があるため幅広の靴しかはけないのですが、幅は丁度良く、爪先の方の高さもあるようなので足が痛いということにはならないと思います。

引用:楽天市場

KEEN|ピレニーズ ハイキングシューズ

KEEN

引用元:KEEN

  • サイズ展開:25cm~30cm
  • 価格:23,100円

公式サイト

Amazon

KEEN ピレニーズ ハイキングシューズの特徴

KEENのピレニーズ ハイキングシューズはオールレザーなのに軽量で歩きやすいことが特徴のハイキングシューズです。KEEN独自開発の防水透湿素材を使用しつつ透湿性も高く、耐久性にも優れています。靴底も硬すぎず柔らか過ぎずで、履き心地がよいのも嬉しいポイント。

KEEN ピレニーズ ハイキングシューズのコーデ・口コミ

定年退職した父がハイキング等にいくための靴を探していたので
こちらを購入しました。
まず軽さに驚きましたし、フィット感がよく、疲れなさそうです。
父が厚めの靴下を履くこともあり、2サイズ大きくしましたが正解でした。
父が大変気に入っており、見せてもらった私も欲しくなってしまいました

引用:KEEN

SALOMON(サロモン)|OUTLINE GORE-TEX

SALOMON

引用元:SALOMON

  • サイズ展開:25cm~32cm
  • 価格:14,300円

公式サイト

Amazon

SALOMON(サロモン) OUTLINE GORE-TEXの特徴

SALOMON(サロモン)のOUTLINE GORE-TEXはスニーカーのように軽量なので気軽に毎日履けるハイキングシューズ。フィット感がよく快適な履き心地なので、山道や街中を数時間歩いても疲れにくい点が人気です。

SALOMON(サロモン) OUTLINE GORE-TEXのコーデ・口コミ

HOKA(ホカ)|ARKALI

HOKA

引用元:HOKA

  • サイズ展開:25cm~30cm
  • 価格:19,250円

公式サイト

HOKA(ホカ) ARKALIの特徴

HOKA(ホカ)のARKALIは軽量性や推進力、頑丈さ、保護性能を兼ね備えた万能型のハイキングシューズです。履き心地がよいので普段履きとしても活躍するアイテム。靴底には多方向の溝があり、さまざまな地形で卓越したグリップ力を発揮します。

HOKA(ホカ) ARKALIのコーデ・口コミ

 

レディースにおすすめハイキングシューズ4選!

montbell|ランドスケープレザー GV

モンベル

引用元:montbell

  • サイズ展開:K4.0~K7.0(23cm~26cm)
  • 価格:22,000円

公式サイト

Amazon

montbell ランドスケープレザー GVの特徴

montbell ランドスケープレザー GVは防水機能付きのミドルカットシューズです。しなやかなスエードレザー素材を使用し、靴底も柔らかいので足に優しくフィット。防水性だけでなく透湿性も抜群なのでシューズ内を常にドライな状態に保ち快適な履き心地です。

montbell ランドスケープレザー GVのコーデ・口コミ

MERRELL(メレル)|CHAMELEON 8 STORM GORE-TEX®

メレル

引用元:MERRELL

  • サイズ展開:22.5cm~25cm
  • 価格:12,936円

公式サイト

Amazon

MERRELL(メレル) CHAMELEON 8 STORM GORE-TEX®の特徴

MERRELL(メレル)のCHAMELEON 8 STORM GORE-TEX®は軽量ながら足の捻じれ防止機能や歩行の安定性、グリップ性に優れたローカットのハイキングシューズです。さまざまな地形に対応し、ゴアテックスの撥水性や耐久性も魅力のひとつです。ハイキングコーデのアクセントになるおしゃれなデザインもおすすめポイント。

MERRELL(メレル) CHAMELEON 8 STORM GORE-TEX®のコーデ・口コミ

Columbia|セイバー4ミッド アウトドライ

Columbia

引用元:Columbia

  • サイズ展開:22.5cm~26cm
  • 価格:9,625円

公式サイト

Amazon

Columbia セイバー4ミッド アウトドライの特徴

Columbiaのセイバー4ミッド アウトドライは優れた防水透湿性があるハイキングシューズです。通気性の高いメッシュ素材がシューズ内の蒸れを軽減するので快適な履き心地。また、価格も1万円以内と安いので、ハイキング初心者も気軽に取り入れられるのも魅力です。

Columbia セイバー4ミッド アウトドライのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

Tsutomu Fukui(@zx10b1red)がシェアした投稿

SALOMON(サロモン)|OUTBOUND GTX W

salomon

引用元:SALOMON

  • サイズ展開:22cm~29cm
  • 価格:10,010円

公式サイト

Amazon

SALOMON(サロモン) OUTBOUND GTX Wの特徴

SALOMON(サロモン)のOUTBOUND GTX Wは超軽量のローカットハイキングシューズ。軽量なだけでなく保護力とグリップ力も高く、防水機能もバッチリです。靴底は多様なラグパターンを採用していて、濡れた路面も安定して歩行できます。

SALOMON(サロモン) OUTBOUND GTX Wのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

Marjo Brelo(@marjobrelo)がシェアした投稿

 

まとめ

滑り止め加工や防水性が施されているハイキングシューズは、機能性だけではなくおしゃれな普段履きとしても活躍してくれます。
舗装されたハイキングコースをメインに歩く場合はローカット、登山道やデコボコ道も歩きたい場合はミドルカットを選ぶなど、あなたのハイキングスタイルに合わせてお気に入りのシューズを見つけてみてください。

ネイティブ広告200119

  • この記事を書いた人
Miyuki

Miyuki

PADIオープンウォーターダイバーライセンス取得。 これまで、パラオ・石垣島・柏島(高知)・串本(和歌山)など国内外のダイビングスポットを20本ほど潜ってきました。

-ハイキング
-, , , , , , , , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス