骨盤底筋を動かして女性特有の悩みを改善!花輪のポーズ(ブッダのポーズ/腰を高くしたVer.)#44

花輪のポーズ

体が硬い人でもできるアーサナ

「ヨガをやりたいけれど、体が硬くって・・」とおっしゃる方はとても多いです。本来ヨガとは身体が柔らかくなければ出来ないというものではありません。

身体の柔軟性があると生活の中で色々役に立つことは多いですが、お手本となるインストラクターの身体が柔らか過ぎることで自分もそうならなくちゃいけないのかな?と焦ってしまったり、身体が硬いことで周りの人より自分が劣っていると思う必要は全くありません。

硬い人でも柔らかい人でも、その人なりの「感じること」を大切にする時間なのです。

身体が柔らかい人にしかできないポーズを一生懸命にこなすのではなく、アーサナ一つ一つを完成させる過程の中で、自分の中に何を感じ、どんなことを気付き得るか?そこにフォーカスしていると自然と身体に柔軟性を与える許しを自分で得られるようになると思います。

ヨガのアーサナは何千種類とあり、難易度の高いものから気軽にできるものまでたくさんありますが、今回のアーサナは緩めのものを選んでいますので、まずは「身体が硬くても出来るんだ」ということを身体に覚えさせていきましょう。

花輪のポーズ(腰を高くしたバージョン)

別名、ブッダのポーズとも呼ばれています。

「骨盤底筋」子宮や直腸など生殖器周りの身体の部位を正常にするために、重要な役割を果たしている骨盤の奥にある筋肉を強化することで女性特有の悩みを改善します。

また、インナーにかける集中力アップの効果や、股関節の柔軟性恥骨から内腿にかけてのストレッチ効果も期待できます。

手順

  1. 両足の幅を、足一本分くらいの幅に開く。
  2. 両手を腿に添え、吐く息で腰を床の方へ下ろしていく。膝が90度くらいに曲がったところでストップ。
  3. 両膝が内側に入りやすいので最初は手で膝の内側を抑えて腿の内側を伸ばしてもOK。
  4. 下半身が安定したら、両手を胸元で合掌。
  5. 姿勢はそのまま、3〜5呼吸行いましょう。
  6. お尻が後ろに出てしまうと、腿にアプローチできないので尾骨を真下に下げる意識を持ち、足裏で床をしっかり支えながらキープする。
  7. 戻るときは吸いながら腰を元の高い位置に戻し、足を解放する。

ポイント

  • 腹部を内に引き入れるようなイメージをすると、骨盤底に効率良く負荷をかけられる。
  • 内腿と腿裏、恥骨のあたりに意識を集中させると骨盤底を感じられます。
  • 膝は爪先と同じ方向へ。
  • 前屈みになって腰が後ろへ逃げないよう、胸を開き尾骨を真下へ。
  • かかとだけでなく、爪先でもほどよく床を捉えていきましょう。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, , , , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス