モンベル(mont-bell)で揃える!ハイキング・登山ウェアコーデ12選

モンベル

引用:公式サイト

『mont-bell(モンベル)』の高機能な登山ウェアは、山でも街でも大活躍!ハイキングウェアとしてもおすすめで、天候・気候・地形などの変化に即座に対応できるたくさんの技術が詰まっているのが魅力です。

気軽なハイキングだけでなく、登山ウェアの特性を生かして低山ハイクにも便利に使えるアイテムばかり。通勤の服装にも合わせやすくタウンユースにも活用できる、モンベルのハイキングウェアを紹介します。

モンベルのハイキングウェアは低山ハイクに挑戦したい人におススメ!

モンベル

引用:公式サイト

『mont-bell(モンベル)』は日本発のアウトドアブランドです。登山に必要なアイテムをすべて網羅し、さらにカラーやサイズなども選べるのが魅力です。比較的安価に入手できるのに高機能、コスパ最強のハイキングウェアを探している人に適しています。気象条件が変わっても快適に過ごせるウェアが揃っており、日帰りの低山ハイクやトレッキングにおすすめです。

モンベルってどんなブランド?

登山ウェアの域を超えるアパレルとしても人気が高い『モンベル』ですが、実はひとりの男性の「山への思い」からスタートしたブランドです。今や世界中で愛される高品質ブランドとなったモンベルの魅力を紹介します。

魅力1:3人の山仲間が創業した信頼ある山ブランド!

 

モンベル

引用:公式サイト

1975年、日本のトップクライマー 辰野勇氏が2人の山仲間である真崎文明氏・増尾幸子氏とともに『株式会社モンベル』を設立しました。「自分たちが、自分たちの仲間がほしいものを作る」ことをスタンスとして商品開発を続けています。

当初日本ではキャンプやハイキングをするという風潮がなかったものの、1990年代のアウトドアブームとともに「こんな商品が欲しかった」という登山者たちの口コミで人気が上昇。現在では世界中のアルピニストからハイカーまで、多くの人に愛されるブランドとして高い認知度を誇っています。

魅力2:山ブランドならではのアウトドア保険も充実!

アウトドア保険

引用:公式サイト

危険が伴うのは登山に限らず、サイクリングやハイキングにもアクシデントはつきものです。モンベルでは「安心と一緒に出かけよう」をモットーに、アウトドア保険も提案しています。オンラインなので簡単に手続きができ、前日まで申し込みが可能なのがメリットです。

野外活動保険や山岳保険をはじめ、野あそび・自転車などアウトドアで起こりうる事故や遭難に幅広く対応できる商品が充実しています。

魅力3:モンベルのキャンプ場や宿泊施設

モンベルキャンプ場

引用:公式サイト

モンベルは、自然を満喫できるキャンプ場や宿泊施設も手がけています。ダムの湖畔や川辺のコテージ、クライミングタワーを併設した複合型キャンプ場など各地にさまざまな設備が用意されています。テントを立てずにキャンプの雰囲気を味わったり、ラフティングや登山などのイベントに参加してみたい人におすすめです。

直営施設は福岡県「モンベル五ケ山ベースキャンプ」・高知県「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」・愛媛県「モンベルアウトドアオアシス石鎚」・奈良県「モンベル奈良五條ゲストハウス」となっています。

 

ハイキングの服装についての考え方・選び方のポイント

ポイント

ここではハイキングの服装についての基本的な考え方を紹介します。

そのポイントは重ね着です。ハイキングは長時間歩き続けることで身体が温まるため、体温調整が大切だと考えられています。

ハイキングの服装は重ね着が基本!

ハイキングの重ね着は次の3構造で構成されます。

  1. ベースレイヤー
  2. ミドルレイヤー
  3. アウターレイヤー

ベースレイヤーとは下着のことで、汗で身体を冷やさないように速乾性のものが好まれます。

ミドルレイヤーとは、ベースレイヤーの上に着るのものです。シャツやインナーダウンなどがこれにあたり、保温性の高いものを着て体温を保つ目的があります。

アウターレイヤーとは、さらにミドルレイヤーの上に着るものです。レインウェアなどがこれにあたり、防寒対策や雨などの防水対策としての目的があります。

ハイキングではこれらの3層構造が基本です。環境に応じて服を脱ぎ着することで、体温を調整していきます。

使えるウェアの選び方のポイント

服装の基本構造を理解したら、次はウェアの選び方です。様々なウェアがある中で選ぶ大切なポイントがあります。

それは素材選びです。ここでは素材選びについて紹介します。

素材選びが使えるウェアか否かの重要ポイント

結論から言うと、素材は化学繊維素材(化繊素材)を選ぶのをおすすめします。化学繊維とは、ポリエステル、ナイロン、アクリルなどです。

その素材の特徴から防水加工や撥水加工、吸汗速乾加工、UVカット加工、花粉や静電気を防ぐ加工など便利な機能を備えることができます。

ハイキング中は発汗が良いでしょう。もし汗をそのままにしておくと汗によって身体が冷え、体温を奪われてしまうのです。

従って、素早く吸収できる速乾機能のある化学繊維素材のウェアが好まれます。

 

ベースレイヤーにオススメなウェア2選

WIC.T(レディース)

WIC.T

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL
  • カラー:HCV・NV・WT
  • 価格:2,400円

公式サイトはコチラ

WIC.Tの特徴

『WIC.T』は、なめらかな肌触りと高い吸水拡散性を兼ね備えたTシャツです。「敏感肌でコットンしか着られない」という人にもおすすめのウィックロン素材を使用しており、限りなくコットンに近い風合いを持ちながら速乾性も確保しています。

汗をたくさんかいても重たくならず、光触媒効果でにおいも抑えてくれるのでベースレイヤーにぴったりです。また、紫外線遮へい率90%以上なので、ホワイトやペールカラーを選んでも日焼けを最小限にとどめてくれるのがメリット。ハイキングや登山の目的地・季節に合わせて、プリントを選ぶと楽しいですね。

WIC.Tのコーデ・口コミ

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ(メンズ)

ジオライン

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL
  • カラー:BK・IND・LTSV
  • 価格:3,239円

公式サイトはコチラ

Amazonはコチラ

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツの特徴

薄手素材の『ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ』はオールシーズン着回せるベースレイヤーを探している人におすすめです。着ていることを忘れるほど軽量で速乾性に優れているため、重ね着がしやすいのがポイントです。

冬でもトレッキングや登山では汗が気になるもの、保温もしながら汗を素早く乾かす機能性インナーはマストアイテム。繊維から発生する銀イオンでにおいの原因になる最近をブロックできるので、年中快適に着用できます。

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツのコーデ・口コミ

 

ミドルレイヤーにオススメなウェア2選

クリマプラス100ジャケット(メンズ)

クリマプラス100ジャケット

引用:公式サイト

  • サイズ展開:S・M・L・XL・U/S・U/M・U/L・U/XL
  • カラー:DKNV・IV・NEYL・PRBL・RDBR・STBL
  • 価格:5,600円

公式サイトはコチラ

クリマプラス100ジャケットの特徴

薄手フリース素材の『クリマプラス100ジャケット』は登山や春・秋のトレッキングのミドルレイヤーに最適です。「ジャストサイズだと少しタイトすぎるかも」と感じるかもしれませんが、伸縮性に富んだ編み糸を使用しているので窮屈感がなく快適です。

薄くてもかさ高性に優れた編み時で空気を多く蓄えて保温しますが、内側の汗を素早く放出するためムレの心配がりません。袖口には手の甲の冷えを抑えるサムホールを設置、肌寒い季節のハイキングならアウターとしても着用できます。

クリマプラス100ジャケットのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

Shota Kamada(@shota.kamada)がシェアした投稿

スペリオダウン ラウンドネックジャケット(レディース)

スペリオダウン

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL・U/S・U/M・U/L・U/XL
  • カラー:BK・HTGN・SIRD
  • 価格:10,600円

公式サイトはコチラ

スペリオダウン ラウンドネックジャケットの特徴

『スペリオダウンラウンドネックジャケット』はハイキング・登山から旅行にも使えるミドルレイヤーです。レディースウェアの中でも特に人気が高いアイテムで、通勤などデイリーにも使いまわせるのがメリットです。

保温性と軽量性を両立する縫製パターンを採用しているため、タウンユースの薄手コートのインナーに着用してもスリムなシルエットに。撥水剤が剥離しにくい独自のポルカテックス加工を施しており、小雨などで汚れてもしっかり洗濯することが可能です。

スペリオダウン ラウンドネックジャケットのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

mahalo(@e.y.s.mahalo)がシェアした投稿

 

アウターにオススメなウェア2選

トラベルダウンロングコート(レディース)

トラベルダウンロングコート

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL・M-W・L-W
  • カラー:BTUB・DKSP・LTKH・RRBK
  • 価格:19,500円

公式サイトはコチラ

トラベルダウンロングコートの特徴

『トラベルダウンロングコート』は、腰回りの冷えに悩むハイキング女子におすすめのアイテムです。ミディアム丈のアウターはトレッキングやハイキングの服装に最適ですが、冬場や底冷えが気になる時間帯にはロングコートがあると良いですよ。

女性らしいシルエットの4色展開で、アウトドア以外にも大活躍する暖かさ。裏地には帯電防止加工を施しており、乾燥する季節のイヤな静電気を抑えてくれます。身幅にゆとりがあるサイズも選べるので、厚手のインナーを着用したい寒がりさんにもぴったりです。

トラベルダウンロングコートのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

was moshiha(@moshiha03)がシェアした投稿

バーサライトジャケット(メンズ)

バーサライトジャケット

引用:公式サイト

  • サイズ展開:S・M・L・XL
  • カラー:GM・MST・NV・SPBL
  • 価格:14,600円

公式サイトはコチラ

Amazonはコチラ

バーサライトジャケットの特徴

『バーサライトジャケットは』レインウェアと兼用できる超軽量アウターです。グラム単位で荷物を減らしたい人におすすめの極薄シェル素材を使用、高い耐水性と透湿性を兼ね備えるゴアテックスインフィニアムにシームテープ処理を施し防水対策も万全です。

身頃と袖を1枚の生地で構成するK-Monoカットを採用しており、薄手のインナーと重ね着しても縫い目のゴロつきが気にならないのが特徴です。アルパインカフやトライアクスルフードなど、着用感をボディに合わせて調整できる機能が詰まったジャケットです。

バーサライトジャケットのコーデ・口コミ

 

ボトムス(パンツ)にオススメなウェア2選

U.L.サーマラップパンツ(メンズ)

サーマラップパンツ

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL
  • カラー:BK・TAUPE
  • 価格:9,600円

公式サイトはコチラ

U.L.サーマラップパンツの特徴

登山装備にもなる保温性が高いパンツを探しているなら『U.L.サーマラップパンツ』がおすすめです。保温性と耐久性を備えたモンベル独自の化繊綿エクセロフトを使用、透湿性とストレッチ性に優れたシェル素材との組み合わせで動きを損ないません。

また、吸水しない繊維を使用しており、雨や汗で濡れてもかさ高さを損なわないのもメリット。雪に降られても「だんだん濡れて冷たくなってきた」という思いをせずに活動を続けられます。汚れたら洗濯機で丸洗いできてお手入れも簡単です。

U.L.サーマラップパンツのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

Kento Sasaki(@kento5384)がシェアした投稿

サーマラップショーツ(レディース)

サーマラップショーツ

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL
  • カラー:BK/GP・LS/MD・LT/BR
  • 価格:4,900円

公式サイトはコチラ

サーマラップショーツの特徴

『サーマラップショーツ』は光沢のあるキルト面とマットなフラット面のリバーシブルで履けるパンツです。ハイキングや旅行など様々な場面で活躍してくれる、可愛さと暖かさを併せ持つのがメリット。タイツやレギンスとの組み合わせで何通りにも楽しめます。

カラーや質感が違うだけのリバーシブルでなく、使用シーンで使い分けられるのもメリット。キルト面には帯電防止加工を、フラット面には撥水加工を施してあるので季節や天候に合わせて使用するのもおすすめです。雨や湿気に強いエクセロフト素材を使用しているので、気軽に腰掛けて休憩できますよ。

サーマラップショーツのコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

ミキ(@miki_2810)がシェアした投稿

 

防寒にオススメなアイテム2選

パウダーホップ パーカ(レディース)

パウダーホップパーカ

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL
  • カラー:CARNR・ICWT・PEBL
  • 価格:18,800円

公式サイトはコチラ

パウダーホップ パーカの特徴

『パウダーホップパーカ』は、モンベルの登山装備の中で最も保温性が高いモデルです。コンパクトなスタッフバッグに収納できるのが特徴で、気温差が激しく服装に悩む夏山登山の装備としても適しています。

身体を包むように保温性能が高いエクセロフト素材が封入されているため、軽量でもしっかり体温を保持しつつ外気の侵入をブロック。繊維1本1本にシリコーンコーティングを施しており、撥水性能も抜群です。洗濯機で洗えるので、自分でケアできるアウターが欲しい人にもおすすめです。

パウダーホップ パーカのコーデ・口コミ

ドロワットパーカ(メンズ)

ドロワットパーカ

引用:公式サイト

  • サイズ展開:XS・S・M・L・XL・M-W・L-W
  • カラー:GRPH・PRBL・SPGN・SURD
  • 価格:32,800円

公式サイトはコチラ

ドロワットパーカの特徴

『ドロワットパーカ』は、厳冬期のハイキングや自転車通勤の防寒用にもおすすめです。世界最高水準の防水透湿性素材ゴアテックスファブリクスを採用しているので、雪や雨・寒風をがっちりブロックしながら汗の水蒸気を衣服内から効果的に放出してくれます。

軽量シェル素材の中綿にはダウンの2倍の保温性能を持つシンサレートを使用、動きやすさと暖かさは格別です。また、雪面で滑りにくい生地加工など、冬場のアウトドアを快適にするさまざまな機能が詰め込まれたアウターです。

ドロワットパーカのコーデ・口コミ

 

小物でオススメなアイテム2選

アルパインクルーザー 2500

アルパインクルーザー

引用:公式サイト

  • サイズ展開:22.0〜26.0cm
  • カラー:BN
  • 価格:34,500円

公式サイトはコチラ

Amazonはコチラ

アルパインクルーザー 2500の特徴

モンベルの全天候型トレッキングシューズは積雪期の低山ハイクにもおすすめです。『アルパインクルーザー2500』は日本人の足型に合わせたフォルムが特徴。柔らかな足入れと高いフィット感で、長時間のハイキングでも快適に歩けます。

継ぎ目のないヌバックレザーとゴアテックスファブリクスの組み合わせで外部からの浸水を防止、透湿性と保温性も確保されています。レディース&メンズ共通サイズモデルで、自分の足幅に合わせた3種類のワイズからぴったりの1足を選べます。汎用性が高く、初心者から上級者まで幅広く対応できるトレッキングシューズです。

アルパインクルーザー 2500のコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

@namida1221がシェアした投稿

レラパック 25

レラパック

引用:公式サイト

  • サイズ展開:ワンサイズ
  • カラー:RAS・RBL・TQB
  • 価格:13,500円

公式サイトはコチラ

レラパック 25の特徴

バックパックはハイキングの必需品ですが、暑い時期には厄介な存在ですよね。荷物をたくさん背負っても歩きやすく、背中に熱が溜まるのを防いでくれるバックパックを探しているなら『レラパック25』がおすすめです。

背中に触れるバックパネルと本体の間に空間を作るV.B.Pシステムを搭載し、フィット感がありながら通気性も確保しています。各部に配したメッシュ地や、収納力をアップするポケット・ウォーターバッグチューブ用のホールなど、長時間のハイキングで便利に使える機能が満載です。

レラパック 25のコーデ・口コミ

この投稿をInstagramで見る

setsu(@setsukohagiwara)がシェアした投稿

 

モンベルにアウトレットショップってあるの?

モンベルアウトレット

引用:公式サイト

モンベルの『ファクトリー・アウトレット』では登山用品を中心に、カタログ掲載されていない商品をディスカウント価格で販売しています。カラーやデザインが新モデルと違うというだけで高品質な商品であることに変わりはないので、お手頃価格でモンベル製品を購入したい人は必見。以下のリンクボタンから商品ラインナップを確認できますよ。

また、インターネットのファクトリー・アウトレット以外にも、各地のモンベルストア実店舗やアウトレットパークでも取り扱いがあります。実際に触って&見てから購入したい人にはこちらがおすすめです。

ファクトリーアウトレットはコチラ

 

まとめ

『mont-bell(モンベル)』のおすすめハイキングウェアを紹介しました。「軽くて暖かい」「濡れてもすぐに乾く」など、アウトドアアクティビティに欠かせない機能が充実しているのが特徴です。

オールシーズン着用できてアウトドアだけでなくタウンユースにも素敵!いろいろなアイテムを組み合わせて、ハイキングをおしゃれに楽しみましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

さとうちかこ

「健全なる肉体の中に、健全なる心」がモットーの体育会系フリーライター。運動生理学とストレスマネジメントにより『良く生きる方法』を探求中。鋼の肉体としなやかな精神を維持するためにピラティスと自重トレーニングが欠かせない日課。

-ハイキング, ファッション
-, , , , ,

© 2020 Vells-ヴェルス