脂肪燃焼でウエスト引き締めや下半身のシェイプアップ!船のポーズ#28

船のポーズ

シェイプアップヨガ

脂肪を身体に蓄えやすい季節になってきました。冷え太りという言葉がありますが、身体の体温が下がらないようにするため、脂肪をためることでからだは保温を維持します。

これからの季節、クリスマスや忘年会、お正月など食べたり飲んだりする機会が多くなってくるので、体のたるみが特に気になってくるかもしれません。

脂肪がつきやすい腰回り、お尻周り、お腹周りのシェイプアップを意識してアーサナを行ってみましょう。

船のポーズ

身体でV字をつくり、それが水面に浮かぶ船のように見えることから船のポーズと名付けられました。

腸腰筋を使うため腸が活性化され便秘が解消されたり、またウエストの引き締め、脂肪燃焼、下半身のシェイプアップ、インナーマッスル、バランス感覚を鍛えていきます。

手順

  1. マットに体育座りの状態で、膝を立てて踵をお尻の方へ引き寄せる。
  2. 両手の親指、人差し指、中指で、両足の親指を掴む。
  3. 背筋を伸ばし、一息。
  4. 吸う息で足を床から浮かせ、吐きながら膝裏を伸ばし足を高く上げていく。(身体でVの字)
  5. お腹を抜かずに腰を立ててしっかり体幹でをつかってバランスをとる。
  6. 膝裏を伸ばすのが難しい方は、膝を曲げてもok
  7. 腕を離せるならば離して、前に伸ばしてキープ。(3〜5呼吸)
  8. 戻すときは吐きながらゆっくり足を床に下ろし、膝を抱えてリラックス。

ポイント

  • 腰が丸まって後ろに落ちたり、腕で足を自分の方へ引っ張りすぎると腸腰筋が使われないので、手はそわせる程度にして腰を立てることを意識し、腸腰筋(おへその横の筋肉)を使って足を自分の方へ引き寄せる。
  • 腰や背中にどうしても負担がかかると感じる方は、膝を曲げた状態から始め、バランスがうまくとれるようになってきたら徐々に足の高さを上げていく。

この記事を読んだ方におすすめ!

捻った船のポーズ
お腹周り・ウエストの引き締めにも効果的!捻った船のポーズ#29

シェイプアップヨガ 脂肪を身体に蓄えやすい季節になってきました。冷え太りという言葉がありますが、身体の体温が下がらないようにするため、脂肪をためることでからだは保温を維持します。 これからの季節、クリ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/bodyART Training認定インストラクター/deepWORK認定インストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, , , , , , , ,

© 2020 Vells-ヴェルス