ヨガで全身の柔軟性を手に入れる!キャット&カウのポーズ|1min yoga#1

キャットアンドカウ

スポーツをするのに必要なのは、柔軟性です。

身体がある程度柔軟でないと、動きの機敏さに影響してきたり、一つの動きでも無駄にエネルギーを消費しやすくなったり、怪我をしやすくなったりします。

スポーツを制する世界のトップアスリートたちは、この「柔軟性」をしっかりと磨くことによって選手人生を長く保っています。

みなさんも普段の生活の中で柔軟性を意識していけるとスポーツだけに限らず生活の質もより高まっていくでしょう。

猫と牛のポーズ(キャット&カウ)

柔軟性を保つのに必要なのは、背中をほぐす事。

猫と牛のポーズは背中の動きを行う事で肩や腰周りまでほぐし、肩の可動域を広げ、柔軟性アップはもちろん上半身全体の代謝アップ運動不足の解消にも効果的なポーズです。

私達は普段特に意識をつけずに背筋を使っていますが、背中の動きを実際に見る事はできないので特に筋肉を意識しにくいですよね。

だからこそ1minの時間だけでも、普段何気なく使っている背筋に意識を向けて、違いを感じてみましょう。

手順

  1. まず四つん這いになります。
  2. 足は腰幅、肩は肩幅にし、肩の真下に手首がくるようにセットします。
  3. 背中をフラットにしたら鼻から息を大きく吸います。
  4. 吐く息でおへそを覗くようにしながら背中を丸めていきます。
  5. 背骨で天井を押し上げるイメージで肩甲骨を左右に開き、首の力は抜きましょう。
  6. 次の吸う息で目線を前方に送り、背中をそらしていきます。
  7. 尾てい骨は上向きに。
  8. 肩甲骨を軽く背中の方へ引くように意識して、首を伸ばしていきましょう。

これを、一呼吸一動作で(吸って上向き、吐いて下向き)繰り返していきます。

動作のポイント

Poit1 下を向くときは顔は恥骨に向ける。

下を向いたとき、顔と恥骨を近づけるように意識すると、自然と背中が上に持ち上がるのを感じられます。

Point2 背骨を伸ばすときは気を流すように。

背骨を天井へ持ち上げたときに、背中の中央から滞っていたものが外側へと流れ落ちてていくような、気がスムーズに流れる柔らかい背中をつくってあげましょう。

Point3 上を向いた際にもお腹に力を入れる!

上を向いたときにお腹の奥の力を抜いてしまうと肩がすくんで肩首周りが詰まってしまいます。コアはしっかり保った状態で斜め上に伸びていくイメージをすると良いでしょう。

[/st-point]

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/bodyART Training認定インストラクター/deepWORK認定インストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, , ,

© 2020 Vells-ヴェルス