仕事や勉強の集中力をアップに!戦士のポーズⅡ(英雄のポーズⅡ)#69

戦士のポーズⅡ(英雄のポーズⅡ)

初心者向けのメジャーなポーズシリーズ

みなさんは、「ヨガ」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?

瞑想、呼吸法、リラクゼーション、身体が柔軟な人がやっているもの・・・

または、「ヨガは女性がするもの」「美へのこだわりがある人がやるもの」という印象を持っている人も多いかもしれません。

しかしヨガの本質を知ると、それが全く違うものだということが分かってしまいます。

ヨガは、ただポーズをとるもの・運動ではありません。身体の柔らかさも、綺麗かどうかも関係なく、何歳からでも始められます。頑張るものでもないですし、ポーズがキレイにとれることが目的でもありません。

ではヨガとは一体、どんなものなのでしょうか?

ヨガは、"苦痛からの解放=快適で安定した心を作ること"にあります。ポーズの完成にとらわれることなくその完成形までのプロセスを楽しみながら、導き出される体と心の状態を感じる。良い悪いの判断をせずにそのまま感じることです。

カラダと心は繋がっているので、アーサナの練習をくり返す中でその両方が徐々に解放されていく心地良さにフォーカスしていきます。

「あるがままの自分に繋がる=ヨガ」ということです。

身体や心、脳の癖は変えることができます。かなりシンプルなポーズでも、ただ何も考えずその時に意識を置き、日々練習を繰り返すだけで自然と変わっています。

いつか身体と心が一体化しているのが感じられて、真の心地良さに気付けるようになるでしょう。

戦士のポーズⅡ(英雄のポーズⅡ)

戦士のポーズ1に続き、よく見かけるポーズだと思います。こちらも土台である下半身を安定させ、体の中心から全ての方向へエネルギーを流していくダイナミックなポーズです。

股関節外旋の柔軟性アップ、腹直筋強化、集中力をアップさせる効果などがあります。

手順

  1. 足一本分くらいの広さで、左足を一歩後ろへ引く。
  2. 右膝を前に踏み込み、膝の真下に踵、腰は腿や膝と同じ高さになるくらいまでしっかり腰を落とし膝を踏み込む。
  3. 左足は指先を少し内側に入れて踵で踏み込みマット上下に引き裂いていくようなイメージ。
  4. 両腕を天井に伸ばし、上半身を左に向けて両腕を左右に開いて伸ばす。肩と背中の力を抜き、目線は右手の指先。
  5. 曲げている方の膝が内に入ってきそうになるので、膝を軽く外に広げる意識で恥骨筋と股関節の外側をストレッチし、膝を外に向ける努力をしながらつま先と同じ方向にする。
  6. ここで3〜5呼吸行いましょう。
  7. 戻るときは、膝裏を緩めて両腕を解放。
  8. 後ろの足を前足に揃える。

 

ポイント

  • 後ろの踵もしっかり踏み締めて、前方にばかり重心が偏らないようにする。
  • どうしても前のめりになりやすいので、腰からまっすぐ真上に伸びる上半身を意識する。
  • 体の中心から、両腕、両足、頭頂へと全ての方向に広がっていく右腕に上半身が引っ張られやすいので後ろの腕が力が抜けていきやすいので、後ろの手の指先にも意識を置き、重心は真ん中にとるようにする。
  • 足裏は浮いてしまいやすいので母指球と踵と足の外側でしっかり床をとらえる。

ネイティブ広告200119

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, ,

© 2021 Vells-ヴェルス