代謝UP&体内浄化に効果!火の呼吸#17

火の呼吸

肌寒くなった時期の体調を整えるヨガ

天気がぐずつく日々が続き、急な気温の変化に身体も疲れを感じていたりする方が多いのではないでしょうか。

体調を崩しやすい季節の変わり目に大切なのは、身体を温かく保ち、普段から代謝を良くしておくことです。

代謝を高めきちんと対策をしていると、身体も季節に臨機応変に馴染む柔軟性が身に付きます。

火の呼吸

インド古代から伝わる伝統的なヨガ「クンダリーニヨガ」の教えから来るパワフルな呼吸法です。

おへそから指3本分くらい下にある丹田と呼ばれる部分のエネルギーを活性化させる呼吸法。みなぎるエネルギーと共に代謝を上げていきます。

火の呼吸を使うことにより、自分の体内に溜まっているいらないものを浄化していく効果、脳の中の回線が整い頭をスッキリさせてくれる効果が期待できます。

手順

  1. 鼻から息を大きく吸って、長く吐きます。(準備)
  2. もう一度吸って、7割くらいまで空気を入れたら、お腹を使って吸って吐いてを繰り返す。
  3. 吸う息、吐く息、どちらにも最初は意識を向け、お腹の動きと連動させる。
  4. 慣れてきたら徐々に早めて、頭で考えなくても自然と息が体に入ってくる軽い呼吸になっていくのを感じる。
  5. キリの良いところで長く吐き、大きく吸って、また長く吐いてリラックス。
  6. 通常の深い呼吸を少しの間続ける。

ポイント

  • 一見、吐く息に意識を向けているように感じますが、実際は吸う息と吐く息が同じ量です。
    ※ハタヨガやシヴァナンダヨガに使われるカパラバティに似ていますが、違うので注意してください。
  • 徐々にペースが早くなると、吐く息の勢いの反動で次の瞬間自然と息が身体に入ってきます。
  • 肩が動かないように。動かすのは腹部だけ。
  • 吐いた時にお腹がへこむ。吸った時にお腹が広がる。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/bodyART Training認定インストラクター/deepWORK認定インストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, , , , ,

© 2020 Vells-ヴェルス