股関節を柔軟にするためのヨガをご紹介!

股関節を柔軟にするためのヨガ

ヨガを始めたときに、股関節が硬いんですとおっしゃる方は結構多くいらっしゃいます。

股関節をほぐすことで良いことは、下半身の血行が良くなることで代謝アップや下半身の引き締め、冷えの改善などが期待できます。

ぜひ日常化してみてください。

股関節を柔軟にするためのヨガ

やり方

  1. 足を揃えて前に伸ばし、左足の踵と膝を手で持って左右に足を揺らしていきます。
  2. 上半身ごと揺れず、おへそは前に向けた状態で股関節の動きを意識しながら足を左右させ、上下させたり回してみたりして気持ちよくほぐれる部分を探していきましょう。反対の足も行います。
  3. それなりにほぐれた感じがしたら、足をもう一度揃えて、左足の踵を右手で持ち、その踵を斜め上天井方向へ押し上げ膝を伸ばしていきます。
  4. 左手をお尻の後ろに添え、腰が落ちないように支えます。
  5. 息を吸って踵を上に蹴り出したら、吐きながらその踵を右斜め横にずらします。そうすることで股関節周りや腿の外側をのばしていきます。
  6. 後ろの手には体重が乗りすぎない程度、優しく添わせて下腹部を引き上げます。
  7. 吐く息と一緒に上半身を左にツイストしていきます。
  8. この時も、軽く膝を曲げ伸ばししながら心地よく股関節にアプローチしていけるポイントを探しても良いでしょう。反対も同じように行います。
  9. 四つん這いになり、息を吐きながら左側からお尻で半円を描き、踵にお尻を預けます。
  10. 吸う息で背中を丸めながら四つん這いになります。(この動きはおへそを引き込み腰の方から背中、肩甲骨へと波打つ形を意識しましょう。)
  11. 吐きながら右側に骨盤で半円を描きます。
  12. 左右交互に繰り返す。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-おうちヨガ, ヨガ
-, , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス