ヨガを継続的にやりたい人におすすめ!仰向けの座位の前屈

仰向けの座位の前屈

仰向けの座位の前屈

腰の痛みや違和感を和らげたり太ももの裏側、脹脛のストレッチなど通常の前屈と効果は似ているのですが、寝たままできるポーズなので寝る前や朝起きた時にベッドの上で気軽に行っていただくことができます。

ヨガの継続が難しい方は、これなら簡単に続けられそうなのでぜひここから日常化してみてください。

手順

  1. 仰向けになり足を揃えます。
  2. 吸う息で両足を天井に持ち上げます。
  3. 両手を脹脛に添え、吐きながら脛を顔の方へ近づけていきましょう。
  4. お尻が上がってくるので気持ち程度、浮いた背中や腰を床に下ろすように意識します。
  5. 膝裏が突っ張る感じがあれば膝をゆるめて踵や足首を持ちましょう。
  6. 尾骨を後ろの方へ引き、腿を腹部に、脛を顔に近づけていきます。
  7. 3〜5呼吸ホールド。

ポイント

足が顔に近くなれば良いというわけではないので、腿の硬さやつっぱりを感じたら緩めのストレッチを心がけましょう。

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-, , , , , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス