集中力とバランス感覚を養いたい人必見!立木のポーズ(ブルクシャアーサナ)

立木のポーズ

立木のポーズ(ブルクシャアーサナ)

ヨガの中でも伝統的なポーズ「ブルクシャアーサナ」。片足立ちで一点にとどまるので、集中力とバランス感覚を養って行きます。

また、エネルギー循環を高めていくポーズでもあります。

手順

  1. 両足立ちになり、左足裏を内腿に寄せます。
  2. バランスをとるのが難しい方は脹脛の内側か内くるぶしのあたりでもOKです。
  3. 膝の内側だけは避けるようにしましょう。
  4. 足の裏側と内腿とで内側に引き寄せ合うようにします。
  5. この時骨盤が前傾(反り腰)していたり、逆に骨盤が前に出過ぎたりしていないか確認し、鼻骨を下に向け骨盤と腰骨の高さを左右揃えるようにして骨盤が前に向くようにします。
  6. 足が安定したら、息を吸って両腕を天井へ伸ばします。合掌orバンザイ
  7. 合掌していると心臓が少し圧迫される感覚があるので苦しさを感じるようであればバンザイにします。
  8. グラつきを感じると曲げている足の膝が前に出てきたり、腰が後ろに引けたりしてバランスをとろうとしてしまうことがあるので、膝を外に開いて鼠蹊部を伸ばし、下半身の土台をしっかりと立てましょう。
  9. 解放するときは、ゆっくりと息を吐きながら手、足の順でゆっくり降ろします。

 

ポイント

  • 両腕を上に上げることでバランスが乱れる場合は、最初は胸元で合掌からでもOK
  • バランスをとることばかりに気が向いてしまい、呼吸が止まりやすいので深くゆっくりとした呼吸を心がけましょう。
  • 下半身の土台ばかり気にして上半身に意識がいかなくなるのは良くないので、頭頂までしっかり意識し足裏から頭頂までが繋がっているような感覚を保つようにしましょう。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, ,

© 2021 Vells-ヴェルス