背骨の歪み矯正に!猫のねじりのポーズ

猫のねじりのポーズ

猫のねじりのポーズ

肩こり改善や背骨の歪み矯正、肩甲骨周りを柔軟にする効果

また、前鋸筋を刺激するので胸が開き呼吸が深くなったり姿勢をよくする効果などもあります。

手順

  1. 四つん這いになり、肩の下に手首が来るようにします。
  2. 左腕の下に右腕をくぐらせて、肩とこめかみを床に下ろします。
  3. この時、お尻が左方向に傾くことが多いので尾骨を真後ろに引いて頭と平行になるようにします。
  4. 左腕を天井へ伸ばし目線はその指先へ。
  5. 首周りに痛みや違和感を感じる場合は少し顎を鎖骨の方へ引いて後頭部のあたりを床におくと楽になります。
  6. 吐く息で肩で床を押しながら胸を開くようにして背骨を捻ります。
  7. 上げている左手を体に絡めて右足の付け根の方へ指先をおろしましょう。
  8. 3〜5呼吸ホールド
  9. 手を顔の前に下ろして右腕を元に戻し、ゆっくりと上半身を起こしながら正座になりましょう。

ポイント

お尻を高い位置にキープし、背骨一つ一つの間に空間をつくるイメージで背中をながくします。

腕は胸の奥から引っ張られるようなイメージで伸ばし、前鋸筋を意識します。

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-1min Yoga, ヨガ
-, ,

© 2021 Vells-ヴェルス