後屈の柔軟性を上げていくのにオススメのポーズ!上向きの弓のポーズ

上向きの弓のポーズ

上向きの弓のポーズ(ウールドヴァ ダニュラーサナ)

胸と肺をストレッチして呼吸をしやすくしていきます。下半身の強化、後屈の柔軟性をあげていきます。

手順

  1. 仰向けに寝たら両膝を曲げて踵をお尻の方へ引き寄せます。
  2. 腰幅に足を開き足先はまっすぐ後ろの方向へ。
  3. 手のひらを耳の横に置き、肘を耳に沿わせるようにします。
  4. 息を吸って両手両足でマットを押します。
  5. そのまま体をそらして上の方向に胸を開いていきましょう。
  6. 体を少し前後に揺らしてみて、尾骨から恥骨、また胸を天井方向に押し上げるように意識をします。
  7. 膝や肘が外に開きそうになるので、足は内腿を意識、三頭筋(二の腕部分)をうちに引き込み平行を保ちます。
  8. 2〜3呼吸終わったら息を吐きながら背中を下ろし手足を解放します。
    逆転のポーズなので頭がくらくらしないように起き上がりましょう。

ポイント

  • 膝が開いてしまうか心配な場合は、膝にブロックを挟めておとさないようにして練習すると良いでしょう。
  • 肘や背中に痛みや違和感のある方は無理に行わないようにしましょう。
  • 頭を下に下げるので、血圧が高かったり暑い空間で行うのはお勧めしません。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-, , ,

© 2021 Vells-ヴェルス