下半身の柔軟性を上げる!ハヌマーナーサナ(猿王のポーズ)

ハヌマーナーサナ

ハヌマーナーサナ(猿王のポーズ)

開脚をすることで下半身の柔軟性を上げていくアーサナ

足の付け根の周りには老廃物を流すリンパがたくさん詰まっています。そこの流れをよくすることで下半身の不調を改善していく効果が期待できます。

手順

  1. 片足のダウンドッグから、あげている方の足(右足)を手と手の間から滑らせるようにして前に足を伸ばします。
  2. 恥骨を真上から下ろしてきて、骨盤を立ててできる限り前に向けていきます。
  3. 腰が反り過ぎてしまって辛い方は手を横について上半身を少し前にし
  4. 重心を右側にずらした状態から少しずつ真ん中に慣らすようにしましょう。
  5. 胸を前に向けたら両手を頭の上で合掌
  6. 肩甲骨の間から胸を天井方向に広げていき、腕を耳の横か少し後ろから伸ばすように意識します。
  7. 3〜5呼吸ホールド。
  8. 手を下ろして、足をたたんで横を向く。

ポイント

  • 背中が丸まっていないか確認しましょう。
  • 腰を緩めたい場合は背中を丸めるのではなく少し前屈みにした状態で胸を開くと良い。
  • 骨盤の高さが左右平行で、骨盤がなるべく正面に向くようにする。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-,

© 2021 Vells-ヴェルス