寝ながら骨盤調整!寝たままで行う合蹠のポーズ

寝たままで行う合蹠のポーズ

寝たままで行う合蹠のポーズ

股関節を緩めて骨盤を調節していくポーズです。太ももから股関節の柔軟性を上げることで自律神経を安定させる効果があります。

手順

  1. 仰向けに寝たら膝を立てて、両膝を外側へ開いていきます。
  2. 足裏を合わせて、つっぱる感じがなければ足の重みのまま床の方へ足を開いていきましょう。
  3. 腰が大きく浮く場合は、軽くおへそを引き込むようにして腰と床の隙間を埋めます。(完全に隙間を無くそうとせずに気持ち程度。)
  4. もし、開きが悪かったりつっぱりや違和感を感じた場合は腿の外側にブロックを置いて緩和させましょう。
  5. 開きに左右差を感じるかもしれません。鈍く感じる方があれば、無理に開かずに少し緩めてあげるか、手で腿の外側を支えて開くで良いです。
  6. 戻すときはゆっくり両膝を中央に戻し、膝を抱えたら横になって起き上がってきましょう。

ポイント

  • かかとはできるだけ骨盤のほうへ近づけたほうがひらきやすくなるかもしれません。
  • 両膝を無理に下に押し付けず、吐く息に意識を向けてリラックスすること。

 

Twitter Vells公式Twitterにて最新情報をお届け!

Vells公式Twitter

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga
-, , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス