ヨガで体内を活性化させたい!サルヴァンガアーサナ(肩立ちのポーズ)

サルヴァンガアーサナ(肩立ちのポーズ)

逆転しながら肩で身体を支えていくポーズ。下に下がった内臓を元の位置に戻して体内を活性化させ、流れを良くしていきます。

また、首を使っていくので首の後ろに通る自律神経の流れを良くし、血行を良くしたり免疫機能を高めてくれます。

手順

  1. 仰向けになり手を体側に。
  2. 息を吸いながら両足を天井方向へ伸ばしていきます。
  3. 腰を浮かせて両手を腰に添え、そのまま手を背中の方へ移動させて肩立ちになっていきます。
  4. 胸を顎へ近づけていきながら肩甲骨を内側に寄せ合い、肩から足の指先まで真っ直ぐを意識しましょう。
    (首を使うポーズなので最初は2.3呼吸ほどで良いでしょう。)
  5. 戻るときは、手を滑らせるようにして背中、お尻、足を下ろして身体をゆるめます。

ポイント

  • 足を上げていくとき、勢いに任せて上げるのではなく腹筋を感じながら上げます。
  • 身体がくの字になっていると腹筋が抜けている証拠腹筋と背筋を使いながら身体を一直線に保つのがポイントです。
  • また背中が丸まっていると肩甲骨周りに負担をかけます。上に引っ張られるような意識でホールドしましょう。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga
-, , ,

© 2021 Vells-ヴェルス