お尻にしっかり刺激が入る!ラテラル バンド ウォークをやってみた|お家トレ レポート#3

大殿筋引き締めラテラルウォーク

自宅で簡単にできるトレーニングをやってみた動画・感想をご紹介。

第3回はラテラルバンドウォーク。このトレーニングはゴムバンドを使用します。

ターゲットとなる筋肉はお尻の筋肉である大臀筋です。ヒップアップが期待できます。

ラテラルバンドウォークはヒップアップにおすすめ!

お尻

ヒップアップを目指したい方におすすめです。また、お尻のたるみが気になる方にもおすすめでしょう。またお尻の筋肉を必要とするスポーツでのトレーニングやアップに用いたりすることもおすすめです

ラテラルバンドウォークのやり方、注意点、ポイント

  1. 膝の少し上にバンドをつけ、両足を肩幅より若干広く開いて立ちます。
  2. つま先と膝を同じ方向に向けて腰を落とし、横に一歩ずつステップを繰り返します。膝を完全に伸ばしません。
  3. 動作中は膝を少し曲げた状態に保ちます。
  4. 腰の向きをまっすぐに保ちます。横の動きをするときにねじらないようにします。
  5. 常に両膝と両足が同じラインを保つようにします。膝を内向きや外向きに曲げないようにしましょう。

ラテラルウォーク3つの注意点

  • つま先が外側を向かないよう正面をキープすること
  • 足の幅が狭くならないようにすること。
  • お尻を突き出し上体が上がらないようにすること。

ラテラルウォークをやってみた感想

しっかりと大臀筋に負荷がかかります。

バンドは基本的に膝の少し上につけますが、つける場所によって負荷のかかり方が変わってきます。負荷になれてきてしまったり、違った負荷が欲しいときなどにはバンドを着ける位置を変えたりすると良いでしょう。

回数は多めが適当かと思います。

10~15回では、少し負荷が弱いような気がします。20~40回が妥当かと思われます。回数を多めにして、丁寧に負荷をかけることが大切になってくると思います。

セット数は3~4回が適当です。

セット数が多すぎると後半に集中力が切れてしまい、狙いの部位に負荷をかけることが難しくなってきてしまいます。

私は野球をやっているのですが、アップの時に取り入れたら走る際や、バッティングの際にしっかりと下半身が使えてる気がしました。トレーニングの一環だけではなく、何かスポーツをする際のアップで用いたりすることも良いと感じます。

  • この記事を書いた人
Katsu

Katsu

北関東の国立大学でアミノ酸の研究をしています。趣味のウェイトトレーニングで小学2年生から続けている野球パフォーマンス向上を目指しています!白身魚が大好物です!

-お家トレ
-, ,

© 2020 Vells-ヴェルス