二頭筋と腹筋の強化に!チャトランガダンダアーサナ#80

チャトランガダンダアーサナ(再撮影)

ヨガの基本中の基本!身体の使い方がスムーズになる太陽礼拝

ヨガを日常化されている方の中には、「太陽礼拝」を毎日実践する方も多いと思います。まさにヨガの代名詞である太陽礼拝は、サンスクリット語でスーリヤ・ナマスカーラ。

スーリアは太陽、ナマスカーラは礼拝という意味があり、1日の始まりに太陽(自然)の恵みに感謝してお祈りを捧げるというインドの伝統的な行いです。12ポーズからなるシークエンスで流れる呼吸と共に行うのが特徴的です。

この、「流れるように」行うことによって大事な身体の動きをしそびれてしまったり、なんとなく習ってきた方は動きが合っているのかいまいち分からないままになっていることもあるかもしれません。今回はその12ポーズ一つ一つの動きをじっくりと説明を入れて行っていきたいと思います。

チャトランガダンダアーサナ

太陽礼拝の中で最もプッシュアップの力が使われるポーズ。両手、両爪先の四肢で支える杖のポーズともいわれます。

杖のように真っ直ぐの体を支えるため強さと安定感が必要になります。二頭筋、腹筋を強化してくれます。

手順

  1. まずプランクの姿勢になり、手は方の真下につくようにします。
  2. 頭頂からかかとまで一直線の状態にしたら、息を吐きながら肘を脇に沿わせるようにして後ろに曲げていきます。
  3. 肘と肩を腰の方に引いていくイメージで、身体の前面を床に近付けます。
  4. 床スレスレのところでキープ。この状態が無理であれば、膝をマットに着いた状態でもOKです。
  5. そのままアップドッグに繋げるか、うつ伏せになって手足を解放します。

ポイント

  • 上半身が床にペタンと落ちてしまうと肩や腕を痛めることがありますので肘は90度に保ちましょう。
  • 骨盤を軽く丸めてお腹を引き入れるように意識すると体の背面を真っ直ぐに保つことができます。

ネイティブ広告200119

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-, , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス