背骨・腹部・腕・脚の筋力強化に!シールシャアーサナ(三点倒立/ヘッドスタンド)

シールシャアーサナ

シールシャアーサナ(ヘッドスタンド)

180度逆転し頭立ちをするので綺麗に姿勢を保つには、それなりの全身の筋力やバランス感覚が必要となります。

揺らがない精神、肉体面の両方において準備が必要なので、少し難易度が高く感じるかもしれません。地道に練習し、心を鍛えていくことができればスムーズにアサナがとれるようになります。

背骨・腹部・腕・脚の筋力強化、消化力を高める、血行促進ホルモンの分泌腺を刺激、下肢静脈瘤の軽減脚のむくみの軽減、心を落ち着かせる、集中力アップの効果があると言われています。

手順

  1. 正座になり、前かがみになりながら肩の真下に肘を置き、中央で手を合わせます。(両肘と手で二等辺三角形をつくる)
  2. 手の指先を絡め、そこに頭頂部を置きます。
  3. 手のひらで後頭部を支えるような形。
  4. 膝を浮かせてお尻を天井の方へ突き上げ、つま先を顔の方へ歩かせて近づけます。
  5. 腹部に少し力を込めて両足を宙に浮かせ、そのまま天井方向へ伸ばしていきます。
  6. 最初は片足から上げてバランスをとりながらでもok
  7. 慣れてきたら両足を同時に上げる練習をしてみましょう。
  8. 自分の体内の感覚で、頭頂から足の指先まで真っ直ぐに立ったのを感じたらそこでホールド。
  9. 頭に重心がかかり首がすくむと滞りが出るので、首の後ろを長く保つことを意識。
  10. 人によっては前髪の生え際のところでホールドする人が居ますが、首の後ろが縮むので頭頂を床につけましょう。
  11. 戻るときは、両足をゆっくりおろしてお尻を踵に戻し、頭がクラクラしなくなったらゆっくり起き上がる。

注意

首、肩、腰の怪我

初心者の方、生理中の方、妊娠中もしくは妊娠の可能性があるの方、高血圧の方、首に違和感を感じている方は行わないで下さい。

このアーサナを初めて行う方は、一人で行うのもやめておきましょう。

ネイティブ広告200119

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga
-, , , , ,

© 2021 Vells-ヴェルス