脚のストレッチで柔軟に!アルダ ハヌマーナーサナ(半分の猿王のポーズ)

アルダ ハヌマーナーサナ(半分の猿王のポーズ)

アルダハヌマーナーサナ

ハヌマーナーサナ(猿王のポーズ)の軽減法のようなもので、ハムストリングス、膝裏、ふくらはぎをストレッチして柔軟にし、開脚をしやすくしていきます。

>>ハヌマーナーサナ(猿王のポーズ)について詳しく知りたい方はコチラ

手順

  1. ランジのポーズ(左足が前の場合)から息を吐きながらお尻を後ろに引き、左足の踵を押し出して膝裏を伸ばします。
  2. 吸う息で尾骨を後ろに引きながら頭頂を前に伸ばし、背中を伸ばします。
  3. 息を吐きながら前屈を深めます。
  4. 左足の方へ体を倒しながら首と肩の力を抜き、腿裏から膝裏、脹脛全体が満遍なく伸びていくようにしていきます。
  5. お尻が左に逃げるとストレッチが軽減されるので、出来れば尾骨を真後ろに引いて尾骨から頭頂までを真っ直ぐに長く意識します。
  6. 3〜5呼吸ホールド。

ポイント

  • つま先が前に伸びているとふくらはぎが伸びないので、軽くで良いので踵を押し出す意識。
  • 背中を丸めるのではなくお腹を腿につけるように前屈する。
  • お腹を引き入れて、息を吐きながら上体を股関節から前に倒していく。
  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-, , ,

© 2021 Vells-ヴェルス