体幹強化にはコレ!片足を上にあげた犬のポーズ(片足のダウンドッグ)

片足を上にあげた犬のポーズ(片足のダウンドッグ)

片足を上にあげた犬のポーズ(片足のダウンドッグ)

通常のダウンドッグから片足を上に持ち上げてキープしていくアーサナですが、重力に逆らう力と体幹を使ってキープするポーズです。そこを意識できるようになるとラクにポーズがとれるようになりますので、ぜひトライしてみてください。

頭と首の緊張をほぐし、身体全体の血行を促進する効果があるといわれています。

手順

  1. 四つん這いになり肩の真下に手首。膝は握り拳一個ぶんくらい開いておきます。
  2. 足の指先を立てて息を吐きます。
  3. 吸う息で膝を床から浮かせお尻を天井方向へ持ち上げます。
  4. 息を吐きながら手足でマットを前後に伸ばします。
  5. お腹の力が抜けて肋が開いてしまうと背中に負担がかかるので、開いた肋をうちに引き込むように意識して、肋の周りを硬く。脇の下から体側をストレッチします。
  6. 次に吸う息が来たら、右足を天井方向へ持ち上げます。踵で天井を蹴り上げるようにして、上がるところまで上げていきます。
  7. 注意したいのが、骨盤が横に開くと体重が左腕と左足にばかりかかってしまい腰に負担がかかりますので骨盤をマットの前の線と平行にしておきましょう。
  8. 戻すときは息を吐きながら足を下ろし、膝を床に下ろしてゆっくり起き上がります。

ダウンドッグについて詳しく知りたい方はコチラ!

ダウンドッグ(下を向いた犬のポーズ)
内臓の活性化にはこれ!ダウンドッグ(下を向いた犬のポーズ)#82

続きを見る

ダウンドッグ 壁
ヨガでストレッチして疲労回復!ダウンドッグ(壁を使ったバージョン)#41

続きを見る

ネイティブ広告200119

  • この記事を書いた人
白石千晶

chiaki-shiraishi

ヨガインストラクター/ヨガ指導歴8年。 ヨガの学びを深める中で「真の自分らしさ・生き方」をヨガ哲学から学び、忙しい社会の中で自分らしさや癒しを忘れてしまっている現代人に少しでも自分らしい豊かな日々を送ってほしいとの思いで自分の内面に働きかけるヨガレッスンをしています。

-Today's Yoga, ヨガ
-, , ,

© 2021 Vells-ヴェルス